P4 Multispectral

商品コード: DJI-P4MUL-K1

作物水準での正確なデータを収集し、農業ミッションや環境モニタリングなどの用途向けに構築されたマルチスペクトル画像システム搭載の高精度ドローン

■農業の「見える化」
作物の健康状態を、すぐに把握
作物の健康状態を把握し、植生管理に対応したインサイトデータを取得するプロセスを統合します。DJIは、OcuSyncシステムによる最大飛行時間27分と最大伝送距離7 km(日本国内は5 km)といったDJIの代表的なモデルと同等の強力な性能基準を踏襲したプラットフォームを開発しました。

■内面まで見通す力
内蔵型の安定化映像システムにより、すぐに使用できる包括的なデータセットを収集でき、農業用の画像収集がこれまでになく簡単で効率的になりました。RGBカメラ1台と、ブルー/グリーン/レッド/レッドエッジ/近赤外線の帯域の5台のマルチスペクトル カメラアレイで収集された情報にアクセスし、それらの2MPカメラはグローバルシャッターを備え、3軸ジンバルで安定化されます。

測定結果の精度を高める統合型日照センサー
ドローン上部に統合されているスペクトル日照センサーが太陽放射照度を捉えることにより、1日の異なる時間帯でのデータ収集の精度を向上させ、一貫性が増します。この情報を後処理データと組み合わせれば、最も正確なNDVI測定結果を生成することができます。

■価値あるデータを、思い通りに
RGB映像とNDVI映像を表示
単なる空撮だけでは、詳細情報を必要とする農業従事者にとっては情報が足りません。予備の正規化差植生指数(NDVI)分析とRGBライブ映像を切り替えて、注意が必要な箇所をすぐに視覚化できます。そのため、的を絞った処置の決定を、素早く行えます。

■cmレベルの正確性
DJIのTimeSyncシステムで、6台のカメラすべてで撮影された画像のリアルタイムで正確な測位データを取得し、cmレベルの正確な測定値を得ることができます。TimeSyncシステムは、フライトコントローラー/RGBカメラ/NB(狭域周波数帯)カメラ/RTKモジュールを継続的に調整し、各写真が最も正確なメタデータを使用し、測位データがCMOSの中心に固定されるようにします。すべてのカメラで、半径および接線のレンズ歪みを計測する厳密なキャリブレーションが実施されています。収集された歪みパラメータは各画像のメタデータに保存され、後処理ソフトウェアですべてのユーザーが一意に調整できます。

■D-RTK 2 モバイルステーションとNTRIPとの互換性
P4 Multispectralを、D-RTK 2 高精度GNSSモバイルステーションとNTRIP方式(インターネットプロトコル経由のRTCMネットワーク転送)に接続するか、後処理キネマティック方式(PPK)に使用する衛星観測データを保存することにより、インターネットに接続することなくRTK測位の精度を向上させます。

こちらの商品に関しましては、下記「商品についてのお問い合わせ」よりお問い合わせください。